日誌


2019/03/09

190302【雨岳自然の会】西富岡の畑で野良仕事

Tweet ThisSend to Facebook | by:stuff-D
平成31年3月2日土曜日、今日もいいお天気です。切り口を乾燥しておいたジャガイモの植え付けをしました。

今年は、キタアカリ、メークイン、レッドムーンの三種類です。

種ジャガイモは30センチ間隔で植えつけました。

ネギがホトケノザ、ぺんぺん草(ナズナ)、ナガミヒナゲシの中で負けまいと育っています。
中でもナガミヒナゲシは昭和30年代に世田谷区で確認され、全国に爆発的に拡散した帰化植物で、根と葉から周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質を生みだすため(アレトパシー)問題視されています。
西富岡の畑でも見つけ次第即駆除しています。

ぶどう棚をしっかりした支柱に立て直しました。立派なぶどうがなります。楽しみです!

ぶどう棚の隣にあるビワの木は、その下においてあった、しいたけのホダ木に日を作っていました。ホダ木を別の場所に移動し、ビワの木もスッキリ剪定しました。大きなしいたけはホダ木からのプレゼント。ホントに美味しい椎茸です。
桜の花も咲き出して、今年もたくさんのサクランボがなるでしょう。ミツバチや野鳥たちのご馳走になります。


佐々木さんが牛舎側でフキを育ててくださっています。フキノトウが沢山(スーパーではお高いです!)手作りフキ味噌の美味しさは格別です。 雨岳自然の会の畑で、今年の春を満喫できそうです。
参加者:雨岳自然の会 15名

06:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)