雨岳文庫ロゴ
 

  雨 岳 文 庫
  (うがくぶんこ)


  公益財団法人 雨岳文庫、
NPO法人 雨岳文庫を活用する会
任意団体 雨岳自然の会
 
 
 
大山を背景に雨岳文庫・建屋
 
お知らせ

◎古民家  山口家住宅(国登録有形文化財) の公開日は、通常,日曜日と休日です。  

  その他の曜日の入館は、当方の都合がつけば予約にて対応できることもあります。 0463-95-0002 (山口) までご連絡してみて下さい。
* 公開時間は 10:00-15:00(最終入館時間)です。

* <見どころ>  
 ・山口家住宅は1988(平成10)年に国の有形文化財に登録された、築約180年の古民家です。
 ・土間や大広間などは太い欅の農家、奥の座敷は本栂の武家風書院造り2階は手の込んだ数寄屋造りです。奥に宮様を迎えた離れがあります。
 <詳細は、左の欄の下記テーマをクリックください>
   雨岳文庫・山口家住宅/展示(資料館・主屋)/歴史資料
* 見学料金;お一人様300円にて見学いただけます
                                                                   (解説付き)。
   団体(20名以上)での入場者は250円/一人
        中学生以下は無料です。

* 雨岳文庫ニュース17号を発行しました。 
   →
ニュース2017年1月号(第17号)290129.pdf
 
 

☆ 雨岳文庫データーベースが動き始めました
 
雨岳文庫について
 雨岳文庫とは、神奈川県伊勢原市上粕屋にある山口家住宅とその敷地および、それらを含む2万点近くに及ぶ歴史資料の総称です。山口家住宅は、天保5年頃の建築と推定され、1864年(元治)より旗本間部氏の地代官所に改装、以前の場所より現在の地に曳き屋中に明治になってしまい、地代官所は山口氏の居宅となり、平成10年に国の登録有形文化財になりました。
 所蔵する文書資料のうち自由民権資料は全国的にも有名で、文科省の助成を受け、神奈川工科大学の協力で、全国第5番目の自由民権資料館として(デジタルアーカイブとして)平成24年4月より、ネット上で公開されています。この資料の中には、幕府の代官所的な将軍側近の旗本間部氏の地代官所資料も含まれていますが、現在はその一部のみ公開しております
。その他の資料は、データー上の資料目録としてのみ公開しています。
 また、昨年より資料の調査・整理を兼ねた史料講読の勉強会も行っております。 その他に、現在は、自然環境・社会環境の保全への協力の一環として、民俗資料などを利用した体験学習会なども実施しております。 (2013年2月24日 修正)
 
今後の予定(詳しくはカレンダーに)

資料館は、3月まで日曜日と休日に
   祝! 日本遺産認定記念
 『
交通の変遷と大山道展』 
「参詣道の石段」と「バス路線延長の歴史」ー 
を展示しています。
交通の変遷と大山道(2).docx
 

 

旧 掲示板閲覧にあたって

お使いの閲覧ソフトがInternet Explorer V11の場合、
旧掲示板形式の以下のメニュー
★旧掲示板 ★旧活動及び来館者の記録 
★旧作業記録・今日の記録 ★資料調査メモ
において、一覧のリストをクリックしても表示されない問題があります。閲覧にあたっては、GoogleChromeまたはFireFoxをご利用下さい。
 
 Copyright(c) 2010 Ugakubunko. All Rights Reserved.